フェルド速報

2ちゃんねるを適当にまとめているブログだよん。

カテゴリ: 米国

1 :樽悶 ★:2020/09/23(水) 15:14:48.87 ID:pInZkhLE9

サムネイル 「カースト制度」は、生まれによって職分・階級が定められるというヒンドゥー教の身分制度です。IT大国のインドではカースト制度に縛られない職業としてITエンジニアが大きな人気を集めていましたが、「カースト差別」が海を越えたアメリカ・シリコンバレーのインド系技術者にまで伝播しており、訴訟にまで発展しています。

The Cisco Case Could Expose Rampant Prejudice Against Dalits in Silicon Valley
https://thewire.in/caste/cisco-caste-discrimination-silicon-valley-dalit-prejudice

A Silicon Valley lawsuit reveals caste discrimination is rife in the US
https://www.trtworld.com/magazine/a-silicon-valley-lawsuit-reveals-caste-discrimination-is-rife-in-the-us-39773

Commentary: How India's ancient caste system is ruining lives in Silicon Valley | ZDNet
https://www.zdnet.com/article/commentary-how-indias-ancient-caste-system-is-ruining-lives-in-silicon-valley/

カースト制度において「身分階級外」とされる最下層の被差別階級が「ダリット」です。ダリットに属する人々は皮革労働者、屠畜業者、下水清掃業者などといった、いわゆる「穢れ」に関係する職業に就いてきました。

インドにおけるダリットに対する差別は根強く、過酷です。ダリットは上位カーストが使用する井戸水を使用することが許されておらず、上位カーストと別個の教育を受けざるを得ないか、そもそも教育が受けられないことすらもあるとのこと。さらにダリットはヒンドゥー教の神々を信仰しているにも関わらずヒンドゥー寺院の立ち入りが禁じられており、近代以前には上位カーストの人々の前では地面に身を伏せて視界に入ることすら許されませんでした。

カースト制度においては「カーストの変更は不可能」とされているため、ダリットとして生まれた人々は生涯にわたって被差別階級から抜け出せません。1950年に制定されたインド憲法においてはカースト制度が禁止されましたが、現実にはカースト差別は現代に至るまで続いています。

そんなカースト差別は、アメリカのシリコンバレーで働くインド人技術者の間でも続いており、訴訟にまで発展しています。2016年10月、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社であるCiscoにおいて、ダリッドに属する男性がSundar Iyer氏という上位カーストに属する上司から壮絶ないじめを受けたとして訴えを起こしました。

訴えによると、Iyer氏のいじめは、ダリッドに属する男性がインド工科大学に入学できたのは差別是正措置制度のアファーマティブ・アクションによるものだとインド系技術者の前で笑いものにすることから始まり、プロジェクトチームからの除外やボーナスの没収、昇進の妨害にまでに及んだとのこと。

その後、皮肉なことにIyer氏はさらに上位カーストに属するRamana Kompellaにその立場を奪われることとなりました。しかし、このKompella氏もIyer氏と同様の仕打ちを男性に対して続けたため、男性の状況に変化はなかったそうです。

男性はCiscoの人事部に苦情を申し入れましたが、男性によるとCiscoの人事部は「カースト差別は違法ではない」と通達したとのこと。一方、Ciscoは男性の訴えを全面的に否定しており、「Ciscoは全ての人にとっての包括的な職場環境の実現にコミットしています。2016年にさかのぼって今回の一件を調査しましたが、当社は全ての法律と当社自身のポリシーを順守していたと判断しています」と説明しています。

この一件を契機に、GoogleやFacebook、Microsoft、Apple、Netflixなどのアメリカの大企業で働くダリッドに属するインド人技術者250人が「差別経験」を告白しています。差別問題に関する団体であるEquality LabsのSoundararajan氏は、上位カーストの人々は独自の連絡網によってダリットの人々の情報を共有しており、ダリッドの人々は出世などにおいて差別されている」と語っています。

2020年9月23日 14時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/18941422/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/9/997e0_88_41073fcb8f38cf683981e2c83d6fd077.jpg

続きを読む

1 :チンしたモヤシ ★:2020/09/15(火) 14:38:24.63 ID:i1BrbPq39

サムネイル 米 ウイグル自治区の製品一部輸入停止「強制労働の疑い」
NHK 2020年9月15日 9時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200915/k10012618441000.html

アメリカのトランプ政権は、
中国の新疆ウイグル自治区で生産された製品の一部が
中国政府支援の強制労働によって生産された疑いがあるとして
輸入を停止すると発表しました。
ウイグルの人権問題で中国政府に圧力をより一層強める姿勢を鮮明にしています。

アメリカの国土安全保障省は、14日、声明を発表し、
中国の新疆ウイグル自治区で中国政府支援の強制労働によって生産された疑いがあるとして
一部の製品の輸入停止措置を発表しました。

輸入停止になったのは、アパレル製品や綿花それにコンピューター部品などの一部で、
中国政府が「再教育」としてウイグル族を不当に収容している施設などで
生産されているとしています。

これを受けて、ポンペイオ国務長官も声明を発表し、
「トランプ政権は中国共産党による新疆ウイグル自治区での悪質な人権侵害に
 注意を払うよう世界に呼びかけてきた。
 今回の措置はその一環だ」
として、国際社会はウイグルの人権問題に向き合うべきだと訴えました。

この問題をめぐっては、アメリカ国務省が、先週、
「中国共産党による新疆ウイグル自治区での人権侵害」と題したウェブサイトを立ち上げ、
動画などで中国政府の対応や政策を批判していて、
中国との対立が深まるトランプ政権はウイグルの人権問題でも
中国政府に圧力をより一層強める姿勢を鮮明にしています。

●サイバー空間でも米中対立 深まる

一方、アメリカ政府は、中国の情報機関の支援を受けたハッカー集団が、
アメリカの政府機関を狙ってサイバー攻撃を繰り返していることを明らかにし、
警戒を呼びかけています。

アメリカ国土安全保障省とFBI=連邦捜査局は、14日、
合同で声明を発表し中国のサイバー攻撃に対して警告を発しました。

それによりますと、
中国の情報機関である中国国家安全省の支援を受けたハッカー集団が
アメリカの政府機関を狙ってサイバー攻撃を繰り返しているということで、
中には政府機関のシステムに不正侵入したケースもあったということです。

国土安全保障省とFBIは、中国のハッカー集団が、ウイルスの入ったメールを送りつけたり、
政府機関が使用しているソフトウエアのぜい弱性を利用したりして、
システムに不正に入り込んでいるとして各機関に警戒を呼びかけています。

アメリカ政府は、
中国国家安全省が新型コロナウイルスの治療法やワクチンに関する情報を入手するため、
サイバー攻撃を強めているおそれがあると警戒していて、
サイバー空間でも米中の対立が深まっています。


----------------


米、ウイグル産品の一部輸入禁止 強制労働の疑いで対中圧力
時事 2020年09月15日09時59分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091500328&g=int

 【ワシントン時事】トランプ米政権は14日、
中国政府による新疆ウイグル自治区での強制労働に関与した疑いがあるとして、
特定の企業や職業訓練所で生産された製品の輸入を禁止すると発表した。
綿花、衣料品、電子部品などが対象。
人権問題で対中圧力を強めるとともに、サプライチェーン(供給網)の「脱中国」化を促す狙い。
米、ウイグル人権侵害で対中制裁 新疆兵団など1団体2個人

 米国法は強制労働を利用した製品の輸入を禁止しており、
米税関・国境警備局(CBP)が全米で対象品を押収する
「違反商品保留命令(WRO)」を発出した。
ロイター通信によると、
同自治区の特産品として知られる綿花とトマトの輸入を全面的に禁じる措置の検討も続けられている。


関連
ウイグル人「強制労働」に日本企業も「加担」…アパレルや電機メーカー ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598780737/
【動画】ウイグル族のモデル、中国の収容施設から動画 巨大建物の鉄格子窓で常時洗脳放送
一日中男悲鳴聞く 投稿途絶える★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1596943769/

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/09/17(木) 06:57:33.77 ID:evoyKrS09

サムネイル 川や湖、池などの比較的温かい淡水に生息する殺人アメーバ?フォーラーネグレリア”による感染症で先月初め、13歳の少年が死亡した。少年は7月末、家族と一緒にキャンプに出かけた際に湖で泳いでおり、そこで感染した可能性が高いという。『News4Jax』などが伝えている。

米フロリダ州パットナム郡パラトカに住むタナー・レイク・ウォール君(Tanner Lake Wall、13)が8月2日、「原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)」という感染症で亡くなった。淡水に潜むアメーバ?フォーラーネグレリア”は、人の鼻から侵入すると脳に寄生し組織を食べる。水温が高くなる7月から9月に淡水で泳ぐ時は特に注意が必要で、感染すると約98%が死に至るという。

タナー君は7月24日と25日にフロリダ州北部のキャンプ場で過ごし、家族や友人らと一緒に敷地内にある湖で泳いでいた。

タナー君が吐き気、嘔吐、激しい頭痛、首の痛みに襲われたのは湖で泳いだ2日後で、両親は息子を地元のパットナム・コミュニティ医療センターに連れて行った。しかしそこで告げられた病名は細菌感染症である「連鎖球菌性咽頭炎」で、タナー君の症状は改善するどころか悪化してしまった。

医師の診断に疑問を抱いた両親は、入院中のタナー君をゲインズビルにある大学病院「UFヘルス」に転院させ、医師の診断を仰いだ。そして衝撃の告知を受けたのだった。

「息子さんは原発性アメーバ性髄膜脳炎に感染しており、残念ながら治療法はありません。」

人工呼吸器に繋がれた息子を前に、両親は言葉を失った。

こうしてタナー君は8月2日、全ての脳活動が完全に停止し人工呼吸器が外された。

母親のアリシア・ホワイトヒルさん(Alicia Whitehill)は息子がPAMに感染したことについて、次のように語った。

「息子が泳いだ湖では、夫や娘たちも含め50人ほどが泳いでいましたが、その中でPAMに感染したのはタナーだけでした。夫や私は幼い頃から川や湖で泳いで育ち、これまで何の問題もありませんでした。タナーは釣りやハンティング、外遊びが大好きな健康な子だったのに、こんなことになって今でも信じられない気持ちです。」

アリシアさんと夫のトラヴィスさん(Travis)は弁護士を雇い病院を訴えることも考えているそうだが、「息子の死を無駄にしたくない」と述べるとこのように続けた。

「PAMを発症することは非常に稀ですが、PAMがいかに怖い感染症であるか、またどんな病気なのかをより多くの人に知ってもらいたいと思います。また気温が高くなる夏は、川や湖にPAMについて注意を促す看板を設置して欲しいと思います。」

なおPAMに感染すると、1〜9日(中央値は5日)ほどで脳の組織が溶けてしまう。初期症状は発熱、寒気、嘔吐、頭痛などで、症状が進むと首の痛み、痙攣、意識障害、幻覚などを起こして昏睡状態に陥り、1〜18日後には死に至る。PAMの予防には、水温が高く水位が低い時期の入水を避けたり、鼻クリップやマスクの使用、頭を水に入れないことなどが有効だそうだ。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、米国内でのPAMは2009年から2018年で34例報告されている。川や湖、池などで遊泳後に発症したケースがほとんどだが、汚染された水道水で鼻を洗浄したことにより感染した例もあるそうだ。

画像は『News4Jax 2020年9月8日付「Parents: Putnam County boy, 13, dies from brain-eating amoeba」(Special to WJXT)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

2020年9月12日 5時45分
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/9/a9141_196_d08574e1_501973e4.jpg

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/09/12(土) 12:12:56.88 ID:IAM/fsct9

サムネイル 米国ワシントン州シアトル郊外に住む33歳の医療助手ダニー・サトウさんが、近所を散歩した後、自宅に向かって歩いていると、
何か重たいものが胸にぶつかった。猛スピードで走り去る車から、中国人に対する人種差別的な言葉を叫ぶ声が聞こえた。

車は交通の流れの中に紛れ、ダニーさんはさっき自分に当たった1リットル入りのペットボトルを拾おうと身をかがめた。
鎖骨に痛みが走ったが、ダニーさんは自分にこう言い聞かせた。こんなことくらいなんでもない、大丈夫だ。歩道にじっと立ったまま、彼女は祖母に思いを馳せた。

ニューヨークで育ったダニーさんは、日系であることによる周囲からの偏見を感じたことはほとんどなかった。
しかし、祖父母と一緒に住んでいたブルックリンの家には、それを想像させる過去が溢れていた。

祖父のエイサク・"エース"・ヒロムラさんは、第二次世界大戦の経験をほとんど口にしなかったが、
自室の壁に掛けられた勲章は、祖父が第442歩兵連隊の一員として戦闘に参加したことを伝えていた。日系二世が所属し、数多くの勲章を受けた連隊だ。

祖母のハルカ・"アリス"・キクチさんは、20歳の頃のダンスパーティーについて聞かせてくれた。
パーティーが催されたカリフォルニア州のタンフォラン競馬場は、祖母が7800人近い日系米国人と一緒に、米国政府によって強制収容されていた場所だった。

祖母と7人のきょうだいは、厩舎に並べられた簡易ベッドで眠った。
強制収容は間違いだったと、祖母はダニーさんに語った。それでも、恨みを抱いてはいなかった。もっといい方法があるはずだと、祖母は言っていた。

だから、水のボトルが胸にぶつかり、侮辱の言葉が響いたとき、ダニーさんは、現在101歳になる祖母が貫いてきた楽観主義と自制心を思った。
ダニーさんは歩き続けた。自宅まではあと4ブロックだったが、涙が溢れてきた。

新型コロナウイルスのパンデミックが始まってからの数カ月間、米国にいる多くのアジア人が、嫌がらせや暴行のターゲットとなってきた。
人種差別的な事件が起こるようになったのは、2019年12月に中国でコロナウイルスの感染者が出始め、誤った情報が一気に広まったころのことだ。

米国でも感染者が出るようになると、トランプ大統領はCOVID-19について「中国ウイルス」「中国フルー(中国インフルエンザ)」という呼称で繰り返し言及し、
これは中国の研究室から発生したものだという、すでに誤りと証明されている説を言い募った。

世論調査では、4月の時点で、10人に3人の米国人が、ウイルスは中国や中国人のせいだと考えていたことを示している。

米国に住むアジア人の生活には現在、以前にはなかった緊張が生まれている。実際にどのくらいの事件が起きているのか、公式な集計は行われていないが、
カリフォルニア州の下院議員ジュディ・チュー氏は3月下旬、アジア系米国人に対するヘイトクライムが1日に100件発生していると推定している。

こうした恐怖は今に始まったことではない。過去150年の間に、米国は中国人排斥法から第二次世界大戦中の日系人強制収容に至るまで、
民族差別に基づいた法律や国策を生み出してきた。

ロサンゼルスでコロナウイルスの症例がまだ1件しか確認されていなかった2月中旬、ある16歳の生徒が別の生徒から、
おまえが中国から学校にウイルスを持ち込んでいるんだろうと責められた。自分は中国人じゃないと言い返した生徒は、相手から頭部を20回殴られ、救急治療室に運ばれた。

マンジュシャ・クルカーニ氏はこの事件に驚かされた。彼女はロサンゼルス郡に住む150万人のアジア系および
太平洋諸島系米国人を代表する組織の連合体「A3PCON(アジア太平洋企画政策会議)」の事務局長を務めており、米国におけるアジア人種差別について深い知識を持っている。

そんな彼女が驚いたのは、アフリカ系やラテン系の人々に比べれば、アジア人が暴力的な人種差別を経験することは少なかったからだ。

事件が学校で起きたこと、現地でまだウイルスが蔓延していないタイミングだったことも意外だった。
「人種差別は、病気よりもはるかに早く広がるということです」と、クルカーニ氏は言う。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/090900523/

続きを読む

1 :樽悶 ★:2020/09/16(水) 19:31:38.00 ID:JwtK2sje9

サムネイル 大西洋をまたぐ奴隷貿易に終止符が打たれて150年以上が経ち、奴隷にされた人たちに対する処遇がいかに残酷だったかが、彼らの子孫のDNAに刻み込まれていることが新しい研究で浮かび上がった。

5万人以上を含み、そのうち先祖がアフリカ人である3万人についての研究報告は、アフリカのどこから連れてこられ、アメリカのどこで奴隷にされたかに関する歴史的な記録と整合した。だが、いくつかの驚くべきことも明らかになった。

たとえば、米国からの研究参加者たちのDNAは、そのかなりの量がナイジェリアにルーツがあることを示した。これは予期していなかった発見である。歴史的記録には、ナイジェリアから米国に直接連れてこられて奴隷にされた人の証拠が示されていないからだ。

研究者と一緒に調べていた歴史家たちは当初、「米国におけるナイジェリア起源の(遺伝子)量を信じられなかった」とスティーブン・ミケレッティは言う。この研究を主導した「23andMe」(訳注=米カリフォルニア州に拠点を置く遺伝子分析やバイオテクノロジーの企業)の集団遺伝学者である。

研究者は別の歴史家に意見を求め、奴隷にされた人たちはナイジェリアからカリブ海のイギリス領に送られ、その後、米国へ引き渡されたのだということを知った。これによって遺伝学上の分析結果の説明がつくとミケレッティは言っている。

※省略

米科学誌「American Journal of Human Genetics(アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス)」で7月23日に発表されたこの研究は、「過去の物語を伝える遺伝子の寄与について、私たちの捉え方における本当の前進」を提示した。米ニュージャージー州のプリンストン大学高等研究所の社会科学教授アロンドラ・ネルソンは、そう指摘する。彼女は、この研究には関与していない。

※省略

研究結果は歴史的記録との顕著な整合性を示している。たとえば、歴史家は西アフリカからアメリカに570万人が連れてこられたと推計している。そして遺伝子記録は、西アフリカの人たちとアメリカ在住でアフリカにルーツを持つすべての人とのきわめて強いつながりを示した。

※省略

これとは対照的に、歴史的な証拠は、米国やカリブ海のイギリス領で奴隷にされた人たちはアフリカのもっと多くの地域から連れてこられたことを示している。今回の研究によると、彼らの今日の子孫は、アフリカの六つの地域の人たちとつながりがあることがわかった。

歴史的記録は、南北アメリカ大陸で下船した奴隷1070万人(航海中に200万人近くが死亡した後の下船者数)のうち60%が男性だったことを示している。しかし、遺伝子記録は、現在の遺伝子プールに寄与したのは主に奴隷にされた女性たちだったことを示している。

奴隷にされた人たちに男女で不釣り合いがあったことは、よく知られている。男性奴隷は自分の子どもを持つ前に死んでしまうことがよくあった。女性奴隷の場合はしばしば、レイプされて子どもを産むことを強制された。

今回の23andMeプロジェクトはこうした一般的なパターンを明らかにしたが、男性と女性の経験には南北アメリカ大陸間で驚くべき違いがあることも突きとめた。

科学者たちは、米国で奴隷にされた女性は男性奴隷と比べ、アフリカ系の人たちの今日の遺伝子プールに1.5倍多く寄与したとの数字をはじき出した。ラテンアメリカのカリブ海地域では、女性奴隷の寄与は13倍だ。南米北部だと、17倍も寄与した。

さらに言えば、米国では、ヨーロッパ系の男性はヨーロッパ系女性よりも、3倍多くアフリカ系の人たちの現代の遺伝子プールに寄与している。カリブ海のイギリス領の場合は、25倍だ。

科学者が言うには、この遺伝学上の証拠は、現地の慣行によって説明できるかもしれない。米国では奴隷にされた人とヨーロッパ人とは隔離されていたため、奴隷にされた母親の子どもは奴隷の父親を持つ可能性がより高かった。ところが、奴隷にされた男性が子孫を残す可能性が低かった地域では、稲作農耕のような危険な慣行——労働環境は過酷で、泥地は溺れやすく、マラリアも珍しくなかった——のため、多くが子どもをもうける前に死亡してしまったのかもしれない。

ラテンアメリカの一部地域では、政府が意図的にアフリカ人の遺伝子を減らすために、奴隷にされた女性との間に子どもをつくる男性をヨーロッパから迎え入れる政策を取った。(続きはソース)

2020.09.16
https://globe.asahi.com/article/13729581
https://p.potaufeu.asahi.com/9b0f-p/picture/23184773/95134947781289922c1e64bb62e4b28d.jpg

続きを読む

1 :樽悶 ★:2020/09/14(月) 22:39:03.18 ID:gdOLr6in9

サムネイル 「ジョン・F・ケネディが今、生きてたら、共和党員になってるよ」

※省略

 立ち話をしていた3人のうちの1人エリオット・ゴードンが、「今の民主党への思い」を私に語った。今回は、それをそのまま、伝える。

■「今のは、同じ民主党じゃない」

「かつての民主党には、何の反感も持ってないよ( I got nothing against the Democratic Party the way it used to be)。ビル・クリントンの時にはまだ、抵抗はなかった。が、今のは、同じ民主党じゃない」

 エリオットはニューヨーク市で生まれ、ルドルフ・ジュリアーニ氏が市長(1994年1月ー2001年12月)だった時に、彼の元で働いたことがあるという。彼は民主党がどのように変わったと感じているのか。

「民主党は、左翼にハイジャックされてしまった。今が1960年代だったら、トランプは民主党だよ。ジョン・F・ケネディが生きていたら、共和党だ。デ・ブラジオ(ニューヨーク市長)もクオモ(ニューヨーク知事)もAOC(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス)も、どうにかしている」

※省略

寛容性を失った左派

 さらにエリオットは、左派がいかに寛容性を失ったかを、切々と訴え、トランプ大統領を強く支持する知り合いの話をした。

「彼女はNYU(私立NewYork University=ニューヨーク大学)の大学院で神経科学を学んでいる。MAGAハット(「Make America Great Again」と書かれた野球帽)を被っていようものなら、ひどい中傷を浴びる。しかも教授が、トランプをこき下ろす辛辣なジョークを言う。知性が集まっているはずのあの大学で、その有様だ。(共和党の大統領だった)レーガンやニクソンの時代に、そんなことはなかっただろう」

 私もかなり前にNYUの大学院で学んだが、教授陣にはリベラルな民主党支持者が多い。ほかの学校でも、高校教師や大学教授が授業中にトランプ氏を批判するという話を、私自身、何度も聞いている。

「メディアの偏向報道にも呆れる。トランプがやることはすべて、気に食わないんだ。イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の関係正常化に向けて、歴史的な合意が結ばれた。それを仲介したトランプ大統領はノーベル賞ものだよ。なのにFOXニュース以外のメディアは、ろくに報道すらしないんだ」

※省略

「警官が叩かれて、力が弱くなっているから、ギャングらはやりたい放題だ。市長さんよ、トランプタワーの前の五番街に、一緒になってペンキで『BLACK LIVES MATTER』を書いている場合じゃないよ。流れ弾に当たって、幼い子供が撃たれている。治安が最優先だ。問題にちゃんと対処してくれよ」

 エリオットは、彼の友人で「ガーディアン・エンジェル」の創設者であるカーティス・スリワ氏を次期市長にと、人々が立ち上がったことに触れ、「それが今のニューヨークの現実だよ」と言い放った。

 「ガーディアン・エンジェル」はニューヨークで犯罪が多発していた1970年代後半に、地下鉄での暴力と犯罪から市民を守るために作られた非営利団体で、世界的な組織へと成長した。

 ジョージ・フロイド氏の死をきっかけに起きた抗議デモに便乗し、この街で強奪が起きた時、ガーディアン・エンジェルが体を張って商店を守り、メンバーらが怪我を負った。

※省略

 「トランプはタフだ。民主党の市長や知事みたいに、おもねることはしない。(共和党に転じた)ジュリアーニもそうだった。市長だった時、彼を嫌っていた人は多い。でも、凶悪犯罪からニューヨークを守り、治安改善に大きく貢献した。2001年の『アメリカ同時多発テロ事件』の対応は素晴らしかったよ」とエリオットは、この2人を称賛する。

※省略

 エリオットは言う。

「新型コロナウイルスのパンデミックが起こり、人々は職を失い、学校へ行けなくなり、そしてジョージ・フロイドのあの忌まわしい許し難い事件が起きた。こうしたネガティブなことすべてが1つになって、完璧な嵐を巻き起こした。本当にバカげている。でも、太陽が昇る前はいつも、真っ暗だ。僕は楽観論者だから、事態は逆転すると固く信じている。トランプ支持者は、人々が思っている以上に多い。支持していても、バッシングが恐くて口にできないんだ。フェイスブックで『Trump 2020』なんて書こうものなら、友達を一気に失う。40年来の友だってそうだ。あんな男を支持するなんて、お前はひどいやつだ、ってね。でも僕らは多数派だ。僕らは勝利する。そう思うよ。そう思う」

9/13(日) 17:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200913-00000004-jct-soci
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200913-00000004-jct-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :WATeR ★:2020/09/13(日) 00:16:25.76 ID:N8M6F5TE9

サムネイル https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20200912-00197994/
 先ごろ米カリフォルニア州の控訴裁判所が、米ウーバーテクノロジーズと米リフトに対する仮命令の猶予期間を延長したと、米CNBCやロイターなどが報じた。

 これにより、両社の配車サービスは同州で継続できることになった。ただ、あくまでも猶予期間が延びただけの限定的なもの。

 ウーバーは「運転手が望む自由な働き方を我々が支持する間、重要なサービスが遮断されないことをうれしく思う」述べており、11月に予定される同州の住民投票による判断に期待している。

 しかし、この問題の行方は依然予断を許さない状況だ。

ギグワーカー保護の新法「AB5」

 これに先立つ今年1月、カリフォルニア州は配車サービスなどで単発的に働く、いわゆる「ギグワーカー」を請負業者ではなく従業員として扱うよう義務付ける新法「AB5(Assembly Bill 5)」を施行した。

 配車サービスのドライバーには、福利厚生や最低賃金制度などがない。有給の病気休暇もなく、社会保障や医療保険の会社負担もない。こうした中、新法はギグワーカーを保護する目的で制定された。

 ただ、ウーバーなどはこれに反発。請負制によって柔軟な働き方が可能になっており、ドライバーは継続を望んでいると主張した。

 また、2社は「当社の事業はドライバーと乗客を結び付ける技術プラットフォームの提供であり、旅客運送業ではない」とも主張。

 ドライバーを従業員として扱えば、社会保障費などの負担が増え、事業が成り立たなくなるとも訴えた。

 しかし、カリフォルニア州の司法長官などは5月、ドライバーに労働者としての権利を保障しなかったとして、2社を提訴した。

 AB5は、企業が仕事の実績を管理・統制したり、仕事の内容が企業の通常業務の範疇に入ったりする場合、「従業員」に分類されると定めている。

 そして8月10日、一審の上級裁判所は、ウーバーとリフトのドライバーは請負業者としての要件を満たさないと判断。2社に対し配車サービスの運転手を従業員として扱うよう求める仮命令を出した。

 この時、裁判官は「ウーバーなどが主張する理由が認められれば、テクノロジーへの依存が高まっている今の大多数の企業は、何らとがめられることなく労働者の権利を奪うことができてしまう」と述べた。

 一方、ウーバーは「この問題はカリフォルニア州の住民投票で判断されるべきだ」と反論していた。
「100万人以上の請負業者が従業員に」

 ウーバーは今年1月、新法の施行を受けて対策を講じた。これは配車サービスの運賃設定をドライバーに委ねるというもの。

 カリフォルニア州の3つの空港からの乗車運賃について、ウーバーが設定した料金の最大5倍を請求したり、10分の1にまで下げたりできるようにした。

 目的は業務の裁量権を与えること。これにより、ドライバーの独立性を高め、同法の適用を回避しようとした。

 一方、米ニューヨーク・タイムズは、カリフォルニア州では新法の下、100万人以上の請負業者が従業員になるだろうと伝えていた。ウーバーとリフトには同州に数十万人のドライバーがおり、彼ら、彼女らの雇用形態も変わることになると指摘した。

 ギグワーカーを抱える企業のコストは、今後20〜30%上昇するとみられており、同様の動きが他州に波及する可能性があるとも指摘されている。
ウーバーの配車事業67%減収、料理宅配が初めて逆転

 両社の業績は新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷している。

 ウーバーの4〜6月期の売上高は前年同期比29%減の22億4100万ドル(約2400億円)だった。

 このうち、配車サービスの売上高は7億9000万ドル(約840億円)で同67%減少。これに対し、料理宅配の売上高は同約2倍の12億1100万ドル(約1300億円)となり、初めて配車サービスを上回った。

 一方のリフトの4〜6月期売上高は、3億3930万ドル(約360億円)で同61%減少。

 リフトの配車サービス利用者数は同60%減の868万8000人にとどまった。同社は料理宅配サービスを手がけておらず、コロナ禍で急成長している同市場の恩恵を受けられない状況だ。

続きを読む

1 :シャチ ★ :2020/09/09(水) 12:36:49 ID:8IfFv53c9

サムネイル 【9月9日 AFP】米西部コロラド州の住民は8日、日焼けローションを投げ捨てて、手袋とブーツを引っ張り出したに違いない。同州では7日から8日にかけて、24時間のうちに猛暑から雪が降るほどの寒さとなる気温の激変を観測した。

 州都デンバー(Denver)では7日午後に33度だった気温が、8日朝には2度前後にまで落ち込んだ。デンバーでは8日朝、実際に雪が降った。また同州南部では、葉が生い茂っている木の枝が、雪の重みで折れる可能性があるとの警報が出されている。

 同州ボルダー(Boulder)にある米国立気象局(NWS)の支局は7日、「激変、『冬』の到来は今晩から!」とツイッター(Twitter)に投稿。「夏から冬への急変に今すぐ準備を!」と呼び掛けていた。

 気象当局によると、24時間に起きた気温変化としては同州観測史上、最大級だという。

 原因となっているのは、デンバーで37度を記録した3日後にカナダから押し寄せた寒波。気象当局の予想では、8日はさらに気温が下がり、9日の夜いっぱいは冷え込んだままとなる。その後も涼しい状態が続き、気温が25度まで戻るのは13日になるという。

 映像前半は6日にデンバーで撮影。後半は8日にデンバーなどコロラド州内各地で撮影・一部提供。(c)AFPBB News

ソース AFP
https://news.yahoo.co.jp/articles/1687c37da9d1f39e9e85c7d2622be978ecca5850

続きを読む

1 :樽悶 ★:2020/09/08(火) 22:56:30.52 ID:FvIjc9+O9

サムネイル 2020年2月13日、カリフォルニア州ウエストハリウッドで開催されたイベントに参加するパトリッセ・カラーズ氏
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/d/adfba_1572_624f077e9237139e93ec55df183cd0d5.jpg

トランプ大統領は最近放送されたインタビューで、「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」運動は、黒人だけでなく他のすべての人にとっても差別的であり、良いものではないと話した。

トランプ大統領はFOXニュースのローラ・イングラム氏に、この運動に寄付した会社は「弱いリーダーが経営している」と語り、Black Lives Matter(BLM)はマルクス主義組織だと説明した。

カール・マルクスの理論は共産主義の基礎を形成し、世界中で何億人もの人々の死をもたらした。

Black Lives Matter Global Networkの共同創設者、パトリッセ・カラーズ氏は2015年のインタビューで、自身ともう一人の共同創設者アリシア・ガーザ氏は「訓練を受けたマルクス主義者」だと語った。

カラーズ氏はまた別のインタビューで、労働・地域戦略センターから訓練を受けたと話した。同センターは「シンク・アクト・タンク(think/act tank)」であり、「新共産主義運動」に根ざしていると言われる。

「アメリカ共産党の活動に感謝しています」と労働・地域戦略センターは2018年に書いている。

トランプ氏は、BLMのイベントで人気のフレーズ「豚を毛布にくるんで、ベーコンのように焼いてやる」について言及した。

「私はその時初めてBlack Lives Matterのことを知りました。これはひどい名前だと言いました。あまりにも差別的で、黒人に悪いし、みんなにも悪いものです」と、トランプ氏は話した。

「人々が現在起こっていること、つまりBlack Lives Matter運動にうんざりしているため、落ち着いてきました。野球のバットを持った悪党たちがいるからです」と同氏は述べた。

「しかし、Black Lives Matter運動は当初、『豚を毛布にくるんで、ベーコンのように焼いてやる』 と叫びながら通りを歩く中で誕生しました。それ(豚)は警察官のことで、警察を表しています」と同氏は付け加えた。

BLM Global Networkにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

5月25日にミネアポリスでジョージ・フロイドさんが拘留中に死亡したことを受けて、米国各地の都市で起きた暴動への非難を拒否する地方の政治家が出てくる中、BLM運動は次第に注目を集めた。

数日前、オレゴン州ポートランドでトランプ支持派と反対派が衝突し、トランプ支持派の1人が死亡した。容疑者は、自身がBLMの支持者であり、極左の無政府共産主義グループ「ANTIFA」のメンバーであると話している。

トランプ大統領がBLMを批判したのは今回が初めてではない。

同氏は先月、ニューヨークのトランプタワーが建つ5番街の路上にBLMのスローガンを描くことに反対すると述べた。

同氏は、警察は「ニューヨークで最も素晴らしい通り」に「憎しみの象徴」を貼り付けたくはないだろうと話した。

ニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏はのちに、5番街にBlack Lives Matterの大きな黄色の文字を描くのを手伝い、これは「5番街を解放しています」と述べた。

「だから私たちが『Black Lives Matter』 と言う時、これ以上アメリカンな発言はなく、これ以上愛国的な発言はありません。黒人のアメリカなしにはアメリカは存在し得ないからです」とトランプ氏は言った。

2020年9月8日 7時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/18861190/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/b/0b161_1572_31ac7dd46ca20b94faf9695619958c5e.jpg

続きを読む

1 :シャチ ★ :2020/09/08(火) 00:37:39.39 ID:rEd+4ecW9

サムネイル 米ニューヨーク州ロチェスターで3月に、武器を持っていない黒人男性が警官から頭にフードをかぶせられ窒息状態になり、その後死亡した事件があり、関与した警官7人が停職処分となった。欧米の報道によると、事件は3月23日未明に発生。家族からダニエル・プルードさん(41)が精神的に不安定になり家を出たとの通報があり、警官が全裸で走っていたプルードさんを路上で発見。唾をはくなどしたため、手錠をかけ感染防止のフードをかぶせ、うつぶせに押さえつけていたところ、急に静かになった。病院に運ばれたが、1週間後に死亡した。

検視当局は死因を「身体的拘束に伴う窒息による合併症」とし、他殺とみなした。薬物中毒も指摘した。地元市長は、警察などは適切に対応しなかった、白人ならこうした対応にならなかった、構造的人種差別がもたらした死などと言及した。遺族が警官のボディーカメラの映像を情報公開請求。今月に入って公開され、状況が明らかになり、抗議デモが起きていた。

ソース 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202009050000071.html
★1 2020/09/05(土) 19:28:11.25
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599307132/

続きを読む

1 :樽悶 ★:2020/09/06(日) 17:05:12.08 ID:MhlVcdk29

サムネイル 米国では、この数カ月で経済や求人市場、富の不平等に関しては取り返しがつかない変化が起きた恐れがある。米政府は、新型コロナウイルスの拡大防止を図る中で、(意図的かどうかは別として)勝ち組と負け組を作ってしまった。

グーグルやアップル、アマゾン、マイクロソフト、ズーム、フェイスブック、ネットフリックスなど一部の巨大ネット企業の事業は悪影響を受けなかった一方で、「必須ではない」とみなされた事業は営業停止や大幅な規模縮小を余儀なくされた。その影響として、数千万人の米国人が失業手当を申請し、JCペニーやハーツ、ニーマン・マーカス、ピアワン、ブルックス・ブラザーズ、Jクルーなどの大企業が破産保護を申請した。

「勝ち組」企業の最高経営責任者(CEO)や役員、大株主がさらに大金を手にした一方、大半の家庭は経済難を乗り切るための3カ月分の蓄えすらない。家賃や住宅ローンの支払いができず、立ち退きの危機に直面している人もいると報じられている。

失業中の数百万人の米国人が職探しする中で、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの純資産は7月20日、130億ドル(約1兆3800億円)増加した。ブルームバーグによると、これは個人純資産額の1日での増加幅として史上最高記録だ。

英紙ガーディアンによると、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、ウォーレン・バゲット、ラリー・エリソンの富豪5人は、新型ウイルスが猛威を振るった3月18日から6月17日の間に、保有資産を合計1017億ドル(約10兆8000億円)増加させた。

テスラ共同創業者のイーロン・マスクの保有資産額は今年3倍以上に膨れ上がり、その額は現在890億ドル(約9兆4600億円)余りだ。英ロイター通信によると、マスクは7月、テスラ株の上昇を受け、史上最大の21億ドル(約2200億円)相当の報酬を手にする権利を得た。これは5月以降2回目の巨額報酬だ。

富を得て億万長者になることは素晴らしいことであり、まさにアメリカ的な生き方だ。米国は、ゼロから這い上がったり、他の国から移住してきたりして大きな成功を収められる数少ない国の一つだ。ベゾスやマスク、グーグルやアップルの創業者といったテック業界の大物らは、消費者の利益になるサービスや商品を提供し、私たちの生活をより楽にしてくれている。

問題なのは資産そのものではない。少人数が多大な富や権力、政治的コネ、支配権を握っている一方で、多くの人がギリギリのところで生活を送っていることだ。

2008年の経済危機でも同じ現象が

米メディアのVICE(バイス)は、「パンデミックが始まってから収入格差は広がり続けている」と指摘。英シンクタンクの英財政研究所(IFS)の報告書を引用し、超富裕層が富をさらに増やす一方で、収入面での打撃は最貧層20%の家庭で最も大きく、世帯収入中央値が15%ほど低下したと伝えている。

これはなにも新しい現象ではない。米CNNテレビは、2008年の経済危機からの回復時にも同じことが起きたと指摘。大半の米国人はこの時の影響から完全に回復しておらず、資産が経済危機以前の水準に戻った世帯は上位20%のみだったと伝えている。米国で最も裕福な400人は3年以内に資産が完全に回復し、10年間で資産を80%以上増やしたという。

今回のパンデミックにより、労働者の新たな最下層階級が誕生した。アマゾンの在庫を補充したり、スーパーで働いたり、小包を届けたり、ウーバーを運転したり、介護施設で高齢者の介護をしたり、さまざまなギグエコノミーや低賃金の職を掛け持ちしたりといった職業に就く、見過ごされている人たちだ。こうした“必要不可欠”な職業は、労働環境が悪く、健康面でのリスクが非常に大きい。多くの場合、こうした仕事は成長の機会がなく、抜け出すことができない。

このままでは、米国は中世の封建的な国になってしまいかねない。世の中を動かすエリートの支配層、そしてそれを支える一流の弁護士や会計士、管理者がいる一方、最下層には低賃金で自らの健康をリスクにさらしながら汚れ仕事を全て受け持つ労働者階級がいる社会だ。

だからといって、トップから富を取り上げる必要があるというわけではない。政治家たちは、残りの99%やその子どもが成功できるような道筋を確保するための賢い戦略を作り上げる必要がある。

9/5(土) 7:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200905-00036844-forbes-bus_all
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200905-00036844-forbes-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :樽悶 ★:2020/09/06(日) 16:46:46.23 ID:MhlVcdk29

サムネイル 米共和党の支持者の約56%が、さまざまな陰謀論を展開する極右グループ「Qアノン(QAnon)」が主張する説の一部、または大半を信じているという。Qアノンの見解の多くがとっぴなものであることを考えれば、これは非常に高い割合だといえる。

米調査会社デイリー・コスとCiviqsが先ごろ共同で実施した世論調査によれば、共和党支持者の3人に1人(33%)が、「エリート層とディープステート(闇の政府)」を巡るQアノンの主張を「ほぼ真実だと思う」と回答。23%が、「一部は真実だろう」と答えた。

Qアノンの支持者は、ドナルド・トランプ米大統領は「悪魔を崇拝する小児性愛者たちの陰謀から地球を守っている」と主張する。その小児性愛者とは、大半がハリウッド俳優やリベラルな政治家、ディープステートの当局者たちだという。さらに、Qアノンはこうした人たちが、「児童買春を目的とした秘密の人身売買組織を運営している」と言い広めている。

トランプはQアノンについて8月下旬、「彼らは国を愛する人たち」だと主張。「彼らは私のことが大好きなんだ。感謝しているよ」と述べた。

民主党支持者のうち、Qアノンの陰謀論がたとえ一部でも真実だと考えている人は、わずか4%だった。72%は、「まったく真実ではない」と答えている。調査は8月29〜9月1日に実施。米国の成人1368人から回答を得た。

「Qアノン」とその影響力は─

Qアノンは、政府の最高機密にアクセスする権限、「Qクリアランス」を持つ人物だという「Q」が2017年10月、掲示板「4chan」に陰謀論の投稿を始めたことで知られるようになった(「アノン」は匿名という意味のアノニマスの略)。

Qは当初から、「911真相究明運動」やジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件など、すでにあったいくつもの陰謀論についても語っている。

トランプは8月、Qアノンの陰謀説をツイッターに投稿し、内容を広めようとしていた連邦議会選挙の候補者4人をリツイート。それぞれのフォロワーをおよそ数十万人ずつ増やすことを助けた。

議員候補らも陰謀説を「拡散」

フォーブスはこれまでに、今年の選挙に立候補しているうちの15人が、こうした陰謀論を支持する意見をツイッターに投稿していることを確認した。一方、ツイッターは今年7月、Qアノンの陰謀論の影響力を抑えるため、関連のあるアカウント70000あまりを停止する措置を取っている。

連邦議会下院では8月25日、トム・マリノフスキー(民主党)とデンバー・リグルマン(共和党)の両議員が Qアノンを非難し、その主張する陰謀論を否定する超党派の決議案を提出。マリノフスキー議員はその目的について、次のように説明した。

「米連邦捜査局(FBI)が米国を急進化させ、暴力的にさせていると指摘するこの危険で反ユダヤ的な、そして陰謀説を商売にしているカルトを、党派を超えて完全に否定することだ」

FBIはQアノンの陰謀論者らを、国内におけるテロの脅威となり得る過激主義者とみなしている。

また、NBCニュースが8月中旬に報じたところによれば、フェイスブックが実施した内部調査の結果、同社のプラットフォームを利用していたQアノンに関連のあるグループのフォロワー数は、数百万に上っていたことがわかったという。

フェイスブックは8月19日、Qアノンに関連があるとして、790以上のグループ、100以上のページ、1500以上の広告を削除。1万を超えるインスタグラムアカウントの使用を制限したと発表した。

そのほかウォール・ストリート・ジャーナルは、Qアノンのグループのうち規模の大きい10の団体の加入者は、新型コロナウイルスのパンデミックにより外出が制限されて以降、600%以上増加したと伝えている。

9/4(金) 12:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200904-00036831-forbes-int
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200904-00036831-forbes-000-1-view.jpg

続きを読む

このページのトップヘ