フェルド速報

2ちゃんねるを適当にまとめているブログだよん。

カテゴリ: 沖縄

1 :ばーど ★:2019/12/11(水) 10:46:36.18 ID:2PZJGgfs9

サムネイル 自動車販売のオフィスMIYA社長の宮城健さんと次男で城西小学校3年生の修士さんは9日、首里城再建の寄付金として17万6500円を沖縄タイムス社に託した。

修士さんは小さい頃から首里城で遊び、親子で周辺をジョギングするなど、親しんできたという。火災を受け、9年間ためたお年玉を全て寄付することを決意。健さんも修士さんに「社長でしょう?」と後押しされ、500円玉貯金を寄付に充てた。

健さんによると、修士さんは「『首里城いつできるかな』『いくらでできるかな』といつも話している」という。

修士さんは「面白い首里城ができたらいいな」と語り、再建を期待した。

12/11(水) 10:25
沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00508537-okinawat-oki
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191211-00508537-okinawat-000-view.jpg

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/11/29(金) 10:01:12.60 ID:yfoy1ka69

サムネイル  誰かに相談しづらいひきこもり。何年も悩みを抱えようやく相談に動く家族もあれば、何度支援機関を訪ねても解決策を見いだせず、苦悩する家庭もある。沖縄本島南部の60代男性は、30代の息子がひきこもり状態になって10年余。自治体の窓口や保健所、支援機関を訪ね続けているが、打開策が見つからない。「外に出す工夫を一緒に考えてほしいのに、どこもできなかった」と途方に暮れる。(「家族のカタチ」取材班・嘉数よしの)

 息子は、希望する高校に入学できず、1年生の頃から不登校になった。幼少時から対人関係を築くのが苦手で、中学生の頃にはいじめを受けた。高校は中退し、自宅にひきこもるようになった。

 父親はまず、新聞で見つけた思春期や青年期の心理相談を受け付ける民間施設を訪ねた。話は聞いてもらえるものの具体策につながらず、次に向かったのは、地域若者サポートステーション。訪問支援も受けたが、相談員との相性が合わなかったり、訪問が本人の感情に触れたりして、進展がないまま数年たった。

 息子は20代になって以降、暴力でいら立ちを表現するようになり、薬を大量に服薬して自殺未遂を図ったこともあった。精神科に入院もしたが、自宅に戻ると薬を拒否。以来、病院とのつながりも途切れてしまった。

 父親は保健所や市町村にも出向いた。「健診という形で自宅に来てもらえませんか」「うそでも何でもいいから、外に出てもらうような案内が出せませんか」。家族以外の誰かと息子が接触する機会をつくりたい。それが解決の糸口になるのでは—。その一心で行政、民間問わず、10カ所近く訪ね歩いた。

 県ひきこもり専門支援センター(南風原町)に2018年度に寄せられた相談は、本人以外からの相談が7割以上を占める。本人不在でも対応するケースは増えつつあるが、父親はこれまで何度も「本人を連れてきてもらわないと動けません」と突っぱねられ、困惑した。「本人が出られないから、親が動いている。紹介を受けながら模索してきたが、どこもきっかけをつくれなかった」。諦めに似た気持ちを抱えているが、「落ち込んでもいられない」と今も、時間を見つけては相談機関を訪ねている。

11/29(金) 9:50
沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00503941-okinawat-oki

続きを読む

1 :ひぃぃ ★:2019/11/23(土) 18:18:19.17 ID:t/F6zN4B9

サムネイル  沖縄のみそ汁は、他の地域に比べてかなりの具沢山。どんぶり1杯のみそ汁だけで副食が完結してしまうので、本州からの観光客がうっかりみそ汁定食に他のメニューを足して注文してしまうと、あまりの量に食べきれないことも。

 そんな沖縄のみそ汁、具には缶詰のポークランチョンミートや肉類に野菜が数種類、というのが定番な様子。高速道路にあるサービスエリアのフードコートで時々見かける、「豚汁定食」みたいな感じですが、あの具沢山豚汁よりもさらにボリューム満点。

 ご飯におかずを2〜3種類作り、さらに一般的な汁物椀で出されるみそ汁を作り、お漬物などを付ける、というのが一般的な日本の食卓ですが、核家族で共働きともなると、仕事でクタクタな日はとてもそんなきちんとした料理を作れるほどの余力がない……。最悪、ご飯は炊いて後はレトルトやスーパーのお惣菜、っていう食卓になってしまうのはきっと筆者宅だけではないと信じたい……。

 そこで、一汁一菜でも十分な栄養価がある沖縄みそ汁のような具沢山みそ汁が出番になります。何せ冷蔵庫にある野菜をかき集めて肉類と一緒に汁物にしてしまえばそれで出来上がりですから。ということで、味の素が公開した「みそ汁定食」レシピ4品は次の通りです…

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

2019年11月23日 9時0分 おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/17422987/

画像
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/0/e03ae_660_6a0c74161c009fc4e89624fbc676433e.jpg

続きを読む

1 :シャチ ★ :2019/11/08(金) 23:46:01.82 ID:PcOztUbK9

サムネイル 11/8(金) 18:18配信産経新聞
 焼失した那覇市の首里城に関し、沖縄県は8日の県議会経済労働委員会で、県から首里城の運営を委託されている「沖縄美(ちゅ)ら島財団」が支払う火災保険の保険料は、年間2940万円だと訂正した。県はこれまで、年間294万円と説明していた。

 県土木建築部の担当者は同委で「財団から訂正があり、年間の保険料が一桁違った」と説明した。支払限度額に関しては、従来の説明通り最大70億円だという。保険金は、首里城公園を所有する国が受け取る仕組みとなっている。

 一方、県文化観光スポーツ部の新垣健一部長は同委で、首里城焼失が沖縄観光に与えた影響について「今のところ、首里城火災によって団体客キャンセルの情報はいただいていない」と答弁した。また、航空会社に聞き取り調査に基づき、「搭乗率の低下の動きは聞いていない」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000576-san-soci

続きを読む

1 :プラチナカムイ ★:2019/11/07(Thu) 15:16:57 ID:UMoNhGXu9

サムネイル 11月07日 07時38分

首里城の火災を受けて、流通大手のイオングループは再建に生かしてもらおうと、5年間で5億円の寄付を行うと発表しました。

流通大手のイオングループの代表者らは、6日、県庁を訪れ、玉城知事に対し、首里城の再建を支援するプロジェクトを立ち上げたことを報告しました。

プロジェクトでは、グループの利益から県に対し、近く見舞い金として1000万円を寄付するほか、今後5年間で5億円の寄付を行うということです。

また、今月から九州・沖縄の各店舗に設置された募金箱で集まった支援金と、首里城が描かれているグループのプリペイドカードの店舗利用額の1%分を、首里城を管理する沖縄美ら島財団へ寄付することにしています。

イオン株式会社の横尾博取締役会議長は「我々のプロジェクトに多くの国民や企業が賛同し、再建に向けてそれぞれの立場で何らかの支援をするきっかけになればと思う」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20191107/5090008378.html

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★:2019/11/06(水) 15:58:26.12 ID:NvxZ/aeV9

サムネイル 首里城火災「謎」の動画 撮っていたのは消防職員だった
11/6(水) 15:01配信

 那覇市消防局は6日午後、緊急の会見を開き、会員制交流サイト(SNS)で火災の動画が投稿されている問題について市消防局の職員が撮影したものだと認めた。業務のために撮影したもので、少なくとも職員35人に届いたとみられる。動画は無料通信アプリLINE(ライン)で共有されていた。

 島袋局長は、どのような経緯で動画がSNSで配信されたか現時点では不明だと説明。「データの管理体制に問題があったことを認め、今後は職員への教育を徹底していく」とした。

 引き続き動画が配信された経緯について調査していく方針。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00494343-okinawat-oki

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/11/04(月) 05:16:05 ID:zzYXR40j9

サムネイル 那覇市の首里城で起きた火災で、早期再建を目指す同市がふるさと納税を活用し、インターネットで寄付を呼びかけたところ、開設から3日目で目標の1億円を超えた。

市は今後も寄付を受け付ける予定だ。

ふるさと納税のサイト「ふるさとチョイス」の運営会社によると、1日午後2時半に寄付を募るサイトを開設し、3日午後6時頃に1億円を超えた。
サイトには「あの素晴らしい沖縄のシンボル・首里城が、一日でも早く再建されることを心より願っています」などのコメントも寄せられた。

同市の城間幹子市長は読売新聞の取材に、「お金だけでなく、もう一度頑張ろうという気持ちもいただいた」と話した。市は募金の口座も設けている。

同市内の商業施設広場では、首里城近くにある沖縄県立芸術大の学生や卒業生らがチャリティーイベントを開き、琉球舞踊や民謡を披露し、寄付を呼びかけた。

https://news.livedoor.com/article/detail/17329111/
2019年11月3日 22時15分 読売新聞オンライン

https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5176965003112019CZ8001-1.jpg

続きを読む

1 :おでん ★:2019/11/04(月) 18:12:26 ID:NMKCQKbF9

サムネイル 大火により焼損した首里城(那覇市)。正殿などの再建に向け、玉城デニー知事は「全身全霊で取り組む」と明言し、国も前向きだ。
ただ再建には、大量の木材や赤瓦などが必要なうえ、職人の確保など課題は多い。

「木材の調達はかなり難しいだろう」。那覇市の1級建築士中本清さん(71)はそう懸念する。
焼失した正殿や北殿、南殿・番所などは、1992年に完成した。中本さんはそのときに設計責任者を務めた。

中本さんによると、強風や重い赤瓦屋根に耐えるため、直径1・5メートル以上、長さ約10メートルで
湿気に強い木が百数十本は必要だった。本州の山林に、求めているような木があったが、地元の承諾などが得られず伐採できなかった。

調達できたのは、台湾のヒノキだった。「設計図は残っているので費用と資材が整えば再建は可能。
だが、今は環境保護の意識も以前より高くなっている。調達できるだろうか」と心配する。

内閣府沖縄総合事務局によると、当時の整備費は、今回焼失した正殿が33億円、北殿と南殿・番所、奉神門に計21億円、
書院・鎖之間や黄金御殿)、二階御殿などに19億円の計73億円だった。

玉城知事は1日、首相官邸で菅義偉官房長官と会談。
その後、記者団に、政府から財政措置を含めた支援が検討されていることを説明し、
本土復帰50年となる2022年5月までに再建計画をまとめる考えを明らかにした。
一方で「必要な資材や技術者がそろうのか、現実的な問題を検討しなければならない」と課題も挙げた。

https://www.asahi.com/articles/ASMC24SMDMC2TIPE00Z.html

関連スレ
【首里城焼失】沖縄の米軍関係者が募金のサイトを開設 首里城再建に支援の輪
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572840368/
【首里城焼失】文化財、約420点が焼失 約1000点が残る 耐火性高い収蔵庫は無事
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572787725/
【首里城焼失】火元の正殿1階の分電盤、電気がショートした痕が残っていたことが判明 出火原因か?★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572832307/

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/11/04(月) 05:17:31.97 ID:zzYXR40j9

サムネイル 沖縄の世界文化遺産・首里城で正殿などが全焼した火事で、警察と消防は2日も現場で実況見分を行った。

火災で正殿、北殿、南殿、書院など7棟、およそ4800平方メートルが延焼した首里城では、警察と消防が1日に引き続き、2日もあわせて130人態勢で実況見分を行った。

2日は、出火の前夜、正殿前の中庭でイベントの準備作業をしていた業者らも現場に立ち会い、当日の作業の状況などを説明したという。

また、首里城を管理する「沖縄美ら島財団」によると、財団が所蔵する琉球王国時代の絵画や漆器など1510点の資料のうち、少なくとも正殿などに展示していた400点あまりが焼失したとみられている。

財団は消防などと協力して、被害状況の確認を急いでいる。

2019年11月2日 17時11分 日テレNEWS24
https://news.livedoor.com/article/detail/17324679/

続きを読む

1 :おでん ★:2019/11/03(日) 17:12:29.09 ID:/16Rjk8y9

サムネイル 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は3日、焼失した那覇市の首里城復元に必要な経費について、
沖縄振興予算とは別枠での措置を求める声が与党内で上がっていることについて

「そのような話で政府が決定していただけるのであれば、この上ないことだ。多くの県民も安心するだろう」と述べた。
那覇市内のホテルで記者団の質問に答えた。

玉城氏はまた、
「首里城の件に関しては政府としっかり協力してやっていきたい」と語った。
沖縄の本土復帰50年にあたる令和4年までにまとめる首里城再建計画を検討する枠組みに関しては
「国の動向とうまくリンクできるように、カウンターパートの県として動けるようにやっていきたい」と説明した。

首里城復元経費をめぐっては、公明党の斉藤鉄夫幹事長が2日に
「沖縄予算に圧迫が加わらないような形でやるべきだ」と述べていた。

政府は3年度まで沖縄関係予算3千億円台を確保するとしているが、
今回焼失した正殿など7棟は前回復元時に約73億円を投入している。

これに先立ち、玉城氏は県功労者表彰式典に出席し、
「一刻も早い首里城の復元に向けて全力を尽くしてまいる」と語った。

https://www.sankei.com/affairs/news/191103/afr1911030012-n1.html

続きを読む

1 :Toy Soldiers ★:2019/11/03(日) 01:11:33.97 ID:YgnQsS9r9

サムネイル  那覇市の首里城で主要施設の正殿などが全焼した火災で、沖縄県警と消防は1日、現場の実況見分で出火原因の特定を急いだ。
出火元とみられる正殿内付近では、出火の約1時間前までイベントの準備が行われており、「空白の1時間」に焦点が集まる。
一方、正殿などの管理は2月に国から沖縄県へ移行したばかりだった。防火態勢への責任も問われそうだ。

 火災は10月31日午前2時半ごろ発生。木造3階建て正殿北側で炎が上がり、北殿や南殿に延焼、主要7棟の計4000平方メートル以上を焼いた。

 現場周辺では27日から琉球王国の儀式を再現するイベント「首里城祭」が開かれており、31日午前1時半ごろまで関連業者が舞台や照明やぐらの設営作業を行い、正殿のシャッターを閉めて撤収したという。
関係者は「(作業中には)正殿の中には誰も入っていない」と説明するが、イベントの小道具の一部は正殿内に保管していた。

 首里城はスプリンクラーの設置が法令で義務付けられておらず、少なくとも正殿と北殿、南殿にはなかった。

 沖縄戦で焼失した首里城の復元工事は1989年から30年にわたり行われ、今年1月に完了した。
2月以降、所有権は国のまま、運営を沖縄県に移管、県が指定した「沖縄美ら島財団」が管理を行っている。

 元通産官僚で評論家の八幡和郎氏は、「国から県に管理が移り、イベントを運営、準備をしていたのだから、一定の責任があるのではないか」と指摘する。

 玉城デニー知事は31日、記者会見で「必ず復元する。県は全身全霊で取り組む」と述べた。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191101/dom1911010007-n1.html

関係スレ
【八重山日報】玉城デニー知事の訪韓 いったい何の意味があるのか?  
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572596991/

続きを読む

このページのトップヘ