フェルド速報

2ちゃんねるを適当にまとめているブログだよん。

カテゴリ: 再配達

1 :曙光 ★:2017/04/17(月) 20:29:44.25 ID:CAP_USER9

サムネイル 荷物の再配達が宅配便のドライバーを苦しめている。背景を取材すると、1人暮らしの女性や高齢者を中心に本当に宅配かどうか疑って居留守を使い、不在連絡票で荷物を確認してから再配達で受け取るケースが浮かんだ。宅配業者を装う強盗事件も現実に起きている。居留守が是か非か、悩ましい問題だ。

 横浜市内のマンションに1人で暮らす幼稚園教諭の女性(39)は、在宅中にインターホンが鳴ってもほとんど応対しない。「誰か分からないと怖くて出たくない。特に夜は絶対に出ません」。ポストに入った不在連絡票を確認した上で、再配達を依頼するという。

 取材を進めると、親が留守番の中学生の子供に宅配でも応対しないよう指示するケースもあった。
ツイッターでも「ほんと家の電話とか宅配便とか怖いから基本居留守」「宅配便だろうが郵便配達だろうが、記憶にない場合は居留守を使う。モニターがないアパートだからしょうがない。配達のお兄さんには申し訳ないけど」などの投稿がある。

 実際、東京都杉並区で昨年10月、宅配を装う男が80代女性方に押し入り、刃物で脅し現金を奪う事件が起きた。昨年5月には島根県出雲市で宅配を名乗る男2人組が90代男性を暴行。
一方、愛知県では今月、配達員が荷物の伝票にあった女性の携帯電話番号を悪用し、私的に誘ったとして県警に警告を受けたケースもあり、宅配への不信感が広がった。

    ◆

 国土交通省が2015年8月に実施したアンケートでは、最初の配達で受け取らなかった理由で「家にいたが知らない人にドアを開けることに抵抗があった」という回答が1%あった。同省によると女性に限れば居留守率はもっと高いという。
仮に1%だとしても昨年1年間の宅配総量約38億6900万個のうち2割が再配達で、その1%なら年に800万個規模、1日に2万個規模が「居留守案件」となる。


続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000055-mai-soci

続きを読む

1 :曙光 ★:2017/03/31(金) 17:10:18.77 ID:CAP_USER9

サムネイル  西友は、ネットスーパー「SEIYUドットコム」の再配達を4月4日から有料にする。指定した時間に在宅していなかった場合、再配達・キャンセルとも400円(税別)を徴収する。


 SEIYUドットコムでは従来から、「再配達に400円かかる」と規約で定めており、再配達後に振り込んでもらうよう案内していたが、振り込みがないこともあったという。4月4日以降は、決済時に400円加算して徴収する。

 同社は「ネットスーパーの商品には冷凍・冷蔵品も多く、再配達時に廃棄することもあった。事前に指定した時間に確実に在宅してもらい、廃棄の無駄をなくし配送を効率化するため」有料化を徹底するとしている。

 再配達の申し込みは従来、コールセンターへの電話で受け付けていたが、新たに、Webサイトから可能に。翌日午後2時まで受け付ける。再配達申し込みがない場合はキャンセル扱いにし、キャンセル手数料として400円を請求する。

 対象は、近隣の店舗から配送する「SEIYUドットコム」のみで、物流センターから配送する「SEIYU倉庫館」は対象外。配送は「サードパーティに依頼している」といい、物流業者が請け負っているようだ。

 ネットスーパーは注文時に選んだ在宅日時に配送するため、再配達は「それほど多くない」が、廃棄などの無駄を削減し、配送を効率化するため有料化の徹底に踏み切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000025-zdn_n-sci

続きを読む

このページのトップヘ